林雄介のブログ!(はてな)

作家の林雄介。元農林水産省のキャリア官僚。政治評論家。

宗教について。

宗教というのは、趣味だと私は思います。ですから、家計に悪影響を与えるような宗教をやるべきではありません。

また、通常、アニメでも乗馬でも常識の範囲内でしか仲間を増やさないはずです。ですから、宗教勧誘そのものも私は懐疑的です。

趣味は、個人のものですから、家族や友人を宗教に巻き込むのは迷惑です。

これが私の宗教に対する考え方です。

宗教知識は、墓や葬儀の関係上、ある程度は知っておくべきです。しかし、のめり込むべきものではないと思っています。

あらゆる宗教を否定も肯定もしませんが、(霊感商法悪徳商法なので別)、宗教よりも社会性を尊重すべきです。

これがあらゆる宗教、あらゆる趣味、あるいは政治活動等に関する私の考え方です。

また、どんな宗教を信じればいいですか?という質問もありますが、私は熱しやすくさめやすい人ですから、飽きる可能性が高い。ですから、私のおすすめは無意味です。

知識としてはあらゆる宗教の基礎知識を身につけるべきだと思っています。宗教が文化的背景になっているからです。

はやし、林雄介。

広告を非表示にする