読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林雄介のブログ!(はてな)

作家の林雄介。元農林水産省のキャリア官僚。政治評論家。

文字を読むことになれること。(*^_^*)

いつもありがとうございます。林雄介です。(*^_^*)

私が若い時に書いた本を、若い人達が読んでくださるのはとても嬉しく思います。

まず、若い人に取って、大学生でも、20代の公務員でも、大事なことは何か?というと、本を読むことになれるということです。

若い人は、短文はツイッターやラインをやっていて得意なんだけれど、長文は苦手な傾向があるようです。ですから、ラノベとか、漫画ではなく、小説、できれば平成ではなく昭和時代の小説で、なるべくなら著者が死んでる本を読む。要するに、古い昭和時代の戦後の小説になれる。

本も商品だから、読者が文字を読まなくなれば、文字を大きくしたり、文章量を減らしたり、簡単にしたりします。ですから、最近の小説ではなく1980年代ぐらいまでの、まだ活字文化が活発だった時代の本、小説になれる。そこからスタートしないといけないと思うのです。

林雄介with,you。