読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林雄介のブログ!(はてな)

作家の林雄介。元農林水産省のキャリア官僚。政治評論家。

メールは無礼と感じる層がいる。特に60代後半。(*^_^*)

いつもありがとうございます。林雄介です。(*^_^*)

前に書いた話ですが、補助金を出している財団法人に、若い芸大生かなんかが、メールで留学するから補助金をくれとメール出したんですね。(1、人様に補助金をお願いするのにいきなり金の無心を2、直筆の手紙ではなく、3、メールで送りつけてきたことが礼儀を知らん若者ということで逆鱗に触れた→直筆のお願い状は来るから問題にならなかった。芸術関係は問題があるんじゃないか?という話に発展)にで、理事会が無礼すぎる、何様なんだとキレて、「芸術関係の補助金、全廃」にした財団法人があるんですよ。

私は、そういうメールがきても、「世の中、いろんな人がいるなあ」ですませますが、60歳以上の組織のトップだとキレる人がわりといます。

また、メールは致命的な欠点があって、今の60代前半はメール世代。60代後半は、メール普及時に組織の部長、課長以上にいた人が多いから、メールが読めなくても部下が印刷してペーパーで渡していた世代だから、メールだと開けない人がいる。

首長で60代後半だと、自分で庁内メール見れませんよ。スマホは使えても、設定は無理な人達だから、手紙が確実。

50代なら問題ないんですけどね。

そういう背景もあり、やはり私への相談はメールではなく、手紙にしてください。メールに慣れると、少なくとも今、社会を動かしている政財界人はメール文化以前の手紙でやり取りしていた人達ですから、その人達と皆さんがコミュニケーションが取れなくなると思うのです。

メールは無礼というのは、年寄りと思うでしょうが、「ラインで仕事の欠席送ってきて、メールか電話で連絡しろ」と怒っている人いるでしょ?。

林雄介with,you。