読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林雄介のブログ!(はてな)

作家の林雄介。元農林水産省のキャリア官僚。政治評論家。

イルミティーという秘密結社。(*^_^*)

いつもありがとうございます。林雄介です。(*^_^*)

陰謀論のメインはフリーメーソンからイルミティーに移っているようですが、「世界規模で、人類を牛耳っている秘密結社など存在しない」ですよ。

もしも、イルミティーが人類を牛耳っていたら、派閥争いが必ず起こるんです。自民党が派閥間抗争をやり、民進党社会党共産党ですら派閥争いがあるように、あるいはJC、ロータリー、ライオンズ、経団連ですら、人事争いがあるように、「組織というのは必ず派閥争いがあります。」

GHQですら、中で主導権争いをやっていたのです。また、中国、大英帝国ですら、内部で派閥争いがあるように、でかくて権限がある組織ほど、争いが起こるんですよ。

ですから、人類を牛耳っている秘密結社があったら、必ず主導権争いが起こって、分裂しますよ。

地域レベルのエール大学閥がCIA長官を持っていたり、多国籍企業ネオコン、あるいは宗教結社というのは、どの時代にもあるものですが、人類単位で牛耳っている組織なんか無理。カトリックですら、プロテスタントギリシア正教会、イスラム教からフリーメーソンまで、敵対組織があったんです。フリーメーソンというのは、バチカンをおちょくるための組織ですよ本来は。

そういう理由で、人類単位で牛耳っている秘密結社は、存在しないし、しても分裂、内部崩壊するでしょうね。カトリックプロテスタント英国国教会に分裂したように。

林雄介with,you。