読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林雄介のブログ!(はてな)

作家の林雄介。元農林水産省のキャリア官僚。政治評論家。

想念術と陰しつ録。(*^_^*)宇宙がひっくり返る話。

いつもありがとうございます。林雄介です。(*^_^*)

寿命の問題さえなければ、想念術が最強の開運術。

1、想念術の元ネタはインドのバラモン教。→バラモン教仏教の違いは、バラモン教ヒンズー教)がカースト制を肯定し輪廻転生の中にカースト制をいれていること。

仏教カースト制そのものを否定。バラモン教→善徳を積めば来世、上位カーストに生まれ変わることができる。

仏教→輪廻転生から抜け出すことが悟り。現世に対して否定的。

仏教が中国に輸入されたあと、仏教老荘思想の混合が起こる。→日本に入ってきた仏教は、基本的に中国系仏教老荘思想とごっちゃになったもの。)

中国は、道教を低くみている。儒教仏教道教が争っていたため、儒教は官学、仏教道教は官学より劣ったものということになっている→李氏朝鮮はこの朱子学官学思想でおかしくなった。

中国人はリアリストだから、官学の儒教は公務員試験用に勉強して、仏教道教で開運や死後の幸せ対策をした。老荘思想神道似ている。日本も神道ベースに、儒教仏教を受け入れたので、朱子学官学思想でも、仏教神道が衰退しなかった。

明の時代に、陰しつ録等の徳分を貯めて、開運しようぜ、みたいな発想が定着する。ただし、官学や儒教に比べると低俗なものという扱いなので、学術研究の対象にならなかった。日本だと二宮尊徳や心学みたいな感じ。

陰しつ録の善徳思想、日本人や中国人が経験的に感じていたもの。老荘思想道教は別物。とくに、道教は自動書記の経典が1万冊以上あるが、中国の民間信仰として学術研究が進んでいない。

中国は、道教。日本は神道をベースに仏教儒教を解釈している。

日本人や中国人だとフィーリングでわかることが欧米人にはわからない。神道道教、フィーリングの宗教。アメリカのインディアンもフィーリングの宗教。欧米人、フィーリングの宗教をアニミズムとバカにしてきた。→欧米人、自然をコントロールできない。フィーリング系の宗教、雨乞いや台風よけがある。

もともと、モーゼが海わったりしたのもフィーリング系宗教だったから。ユダヤの預言者、聖書で天候をコントロールしている。新約聖書のイエス、天候のコントロールの描写ほとんどない。

イエスもユダヤの預言者だから、天候のコントロールができた。聖書を改竄した時に、キリスト教神学にあわせて、イエスの働きを制限してしまった。

神風→昔の預言者、みんな神風を吹かせる能力あった。アニミズムに欧米人が貶めてしまった。

欧米人、アリストテレスの影響が大きい。不可思議なことをアリストテレスは否定している。→アリストテレスアレキサンダー大王の家庭教師。

ソクラテスプラトンアリストテレスで補完しあっている。霊能力なかったら、アレキサンダー大王の大遠征なんかできない。アリストテレスも、プラトンソクラテスの霊能力を使って、アレキサンダー大王を助けた。思想として、プラトンを補完するために、不可思議なことを全否定しただけ。

西洋、徳分についての思想弱い。東洋、徳分についての思想強い。

西洋と東洋の思想があわさった時に、完璧な思想になるようにしてある。

想念術を広めた欧米人、徳分思想を詳しく知らない。

もし、アリストテレスが不可思議なことを否定せず、キリスト教が聖書の改竄をやっていなかったら、産業革命を起こせなかった。不可思議なこと→科学の発展の邪魔になる。西洋の産業革命、日本やアジアの近代化のために聖書の改竄やアリストテレスが必要だった。

人類も人間も、段階的にしか発達できない。

→読者の皆さんが古典やいろいろなことを勉強しているから、今まで説明してもわからないだろうと思ってかかなかったことを記事にしはじめた。

→大学時代に思っていたことを記事にしているだけ。

10年、20年後に、今、書いている記事を理解できればいい。(仏教キリスト教ユダヤ教神道儒教道教、西洋哲学、東洋哲学、科学や政治、経済、歴史の知識が全部ないと、何の話だかわからないことを書いている。)

古代文明や神の話を書いても、使いこなせなければ、無駄な知識になる。→言葉のニュアンスが時代によって変わるから、私が死んだあとに、読んでも、言葉のニュアンスが変わってしまっている。仏教末法思想もそれだけの話。時代背景や言葉のニュアンスが変わるから、釈迦の教えが理解できないよという意味。→末法の世の中なんか来ない。

「ヤーベもアラーも釈迦もイエスもマリアもムハンマドも、進化し続けている。人間が進歩する以上に神仏が進歩している。働きもやれることも増えている。」

人間の魂が、抹殺されたことは一度もない。古代文明を滅ぼしても、人間の魂は生まれ変わって現代人になっている。→人類滅亡とか心配しなくても大丈夫。人間はいつか死ぬし、死んでも生まれ変われるし、人類が滅亡しても、別の人類に魂が宿るだけ。地球や太陽系がなくなっても、別の星に生きるか、半物質みたいになるか、ちゃんと数十億年後の人類どうするか?とか、長いスパンで、絶対神が準備している。

絶対神、無限。人間が知覚可能な絶対神、4次元の上まで(ヤーベとか仏様4次元にいる(想念術で動かせるの4次元まで人間の運命は5次元以上の世界で管理しているから、想念術で根元的な運命改善はできない、5次元以上にいく必要がある:5次元以上、仏より上にならないといけない。)。普通の人間に直接関わる神様4次元〜5次元にいる。6次元より上にいくと人間が知覚できなくなる。)。10次元、100次元、1万次元、無限に上の次元界ある。人間、〇次元界までは理解できる。それより上の次元は神様しかわからない。

林雄介with,you。