読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林雄介のブログ!(はてな)

作家の林雄介。元農林水産省のキャリア官僚。政治評論家。

小池ゆり子の戦略は稚拙。(*^_^*)

いつもありがとうございます。林雄介です。(*^_^*)

よく批評した政治家のファンから批判されますが、批評対象は個人的に仲が悪いわけではないのです。

本当に仲が悪い人は、「名前すら書かないですよ」。

さて、小池さんなんですが、ご存知のように清和会出身です。清和会は文教族です。もともとは第三派閥だったのが、小泉改革以降、第一派閥に躍進しました。

東京都連会長の下村博文さんも、安倍首相も清和会です。小池ゆり子さんも清和会です。

今回、小池さんは都議会選挙で、都民ファーストの会を作りました。公明党は小池さんと共闘です。民主党からは離党者が小池新党に合流しています。

さて、もともとは石原慎太郎氏の息子である石原伸晃氏が自民党都連会長で、千代田区の内田茂都議が都議会のドンでしたが、自民党内田茂氏を引退させました。

で、伸晃氏は会長辞任。

小泉劇場は、わかりやすい敵をやつけていくやり方です。

では、小池ゆり子氏にとって敵とは誰なのか?民進党の都議会選対委員長の石毛茂氏が離党して、都民ファーストに合流するようですが、小池さんが都議会選挙に勝てば、新しい都議会のドンに石毛さんがなるだけでしょう。

地方議会のドン、利権の中心は変わっていく。主流派の長老がドンになりますから、都民ファーストが主流派になれば、都民ファーストの都議が新しい内田茂になるだけです。

また、都議会のドンが引退した以上、誰を敵にするのか?小泉劇場は、ポピュリズムの極みです。

わかりやすい敵が必要です。

しかし、そうしたわかりやすい敵がいないのです。まさか自民党本体を敵認定して、安倍首相や公明党本体を批判するのでしょうか?。下村博文都連会長は清和会です。ですから、自民党主流派の議員を応援演説にガンガン投入することも可能です。

そもそも安倍首相の側近である下村さんを敵認定すれば、公明党本体も都民ファーストを支援しづらくなるのです。

また、公明党主体で都議会選挙で、都民ファースト自民党に勝った場合、公明党の集票力を国民に誇示することになります。つまり、公明党の支援がなければ、自民党は負けるということを、国民に誇示することになるのです。

創価学会票がなければ、自民党は選挙に勝てない」ということを国民が気づいた時に、公明党にとってプラスに働くのでしょうか?。

投票率が低い場合、1割程度は創価学会票です。1割創価学会、1割共産党、2割自民党無党派3割。公明党の支持率は5%でも、投票にいく割合が高いので、投票率50%なら、固定票は1割になるのです。

私個人としては、創価学会さんも、共産党さんも、本の読者が多いので、特にどうこう言う筋合いはありませんが…。

林雄介with,you。