読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林雄介のブログ!(はてな)

作家の林雄介。元農林水産省のキャリア官僚。政治評論家。

小児性愛は中年期に発症しうるのか?。澁谷恭正容疑者、46歳。

いつもありがとうございます。林雄介です。

ベトナム人小学生殺害の犯人として、46歳の澁谷恭正容疑者が逮捕されました。9歳のベトナム人女児が通う小学校のPTA会長です。PTA会長ですから、結婚していて子供がいるわけです。

素朴な疑問ですが、レイプ殺人という報道がありますが、仮にレイプ殺人であるならば、過去に前科がないとおかしいと思うのです。

単なる殺人であれば、犯人の性別、年齢はわかりません。しかし、小児性愛者による犯罪ということであれば、40代になっていきなり、小児性愛になることは考えられないのです。

快楽殺人と呼ばれる連続殺人事件の犯人の大半が10代〜20代に、最初の殺人事件をおかしています。

逆に、30代以降に初犯というのはいないんですよ。

もしも、小児性愛者による犯罪ならば、46歳になる前に必ず徴候がないとおかしいのです。

資産家のようですから、海外で児童買春でもやっていたなら別ですが…。

逆に、40代中半でいきなり小児性愛の衝動が出る可能性は低いので、もしも当該容疑者がレイプしているのであれば、過去に児童買春なりをやっていなかったら、冤罪の可能性ありますよ。

本物の殺害してまで、レイプをするレベルの小児性愛者なら、20代、30代に前科か、海外で児童買春をしている。してなきゃ、冤罪の可能性が高いと思うのです。

林雄介with,you。