読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林雄介のブログ!(はてな)

作家の林雄介。元農林水産省のキャリア官僚。政治評論家。

北朝鮮に米国は攻撃するか?(*^_^*)北朝鮮ミサイル発射(わざと失敗か)?

いつもありがとうございます。林雄介です。(*^_^*)先ほど、北朝鮮が弾道ミサイルの発射に失敗したとのニュースが流れました。

4月15日は、金日成の誕生日。4月16日はイースター新月です。

米軍は新月に攻撃を仕掛けるため、4月16日、4月26日、攻撃説もあります。

4月15日は、安倍首相は新宿御苑で桜をみる会、トランプ大統領はゴルフをしていたという情報もあります。

また、来週は米国副大統領が訪日し貿易交渉、マティス国防長官はシリア問題の説明に中東出張です。

しかし、米軍の空母がすでに3隻、朝鮮半島近海にいます。米軍の空母は11隻ですから、3分の1の空母、戦闘機も数百機、在日米軍基地でも、全戦闘機の出撃訓練が行われています。

その一方で、中国とロシアが会談し、米国も、「北朝鮮核兵器完全廃棄が目的であり、体制崩壊をさせる意思はない」と報道されています。米国の基本方針は表向きには、「北朝鮮核兵器完全廃棄をすれば、攻撃は仕掛けない」です。

空母3隻は、北朝鮮であれば壊滅的ダメージを与えられる規模です。おそらく、スパイや人工衛星金正恩の居場所は逐一、追跡している状態にあります。

ですから、北朝鮮核兵器を完全破棄すれば、金正恩は殺しませんが、もしも、北朝鮮からミサイル等の発射が行われた場合、金正恩殺害、平壌破壊まではやる可能性も否定できません。

積極的に、北朝鮮を攻撃する意思はないが、全面降伏しなければ、北朝鮮を崩壊させるレベルの攻撃が可能な兵力が動員はされているのです。

北朝鮮のミサイル発射失敗が事実であれば、わざと火薬燃料を抜いたミサイルを発射し、北朝鮮国内には「無慈悲な攻撃を実施」、米国には「攻撃の意思なし」と示したことになるのではないでしょうか?。

林雄介with,you。