読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林雄介のブログ!(はてな)

作家の林雄介。元農林水産省のキャリア官僚。政治評論家。

第二外国語が、日本人の英語力を低下させる元凶。(*^_^*)

いつもありがとうございます。林雄介です。(*^_^*)

中高と受験英語で、英語を覚えても、大学で英語を勉強しなければ、すぐに語学なんか忘れますよ。

日本人がなぜ英語を話せないか?小学校で英語を教えると言っていますが、無意味だと思うのです。

中学、高校の6年間で、かなり難しい受験英語を覚えても、大学で第二外国語を一からやらせますから、大学の4年間で英語を忘れるのです。

そもそも、第二外国語が必要な職業がどれくらいあるのでしょうか?

第二外国語を廃止して、中学、高校、大学で継続的に英語を覚えさせれば、英語なんか使えますよ。

大学4年間で、英語を忘れるのです。小学生に英語を教えても、やはり大学4年間で忘れますよ。

語学を英語に一本化して、大多数の国民が、大学卒業時に、英語を使えるようにした方が効率的でしょうね。

都立中高で、第2外国語を履修させるそうですが、英語も第2外国語も中途半端に覚えることになって、マスターできなくなるから無駄ですよ。

そもそも英語も語学もツールです。世の中には、語学の怪物みたいな人がいて、コーランを翻訳した井筒さんは1か月だかで、アラビア語コーランが読めたのです。パーリ語等もすぐにマスターしたのです。

しかし、そういう人物は一時代に数人しかいません。ムハンマド言行録を翻訳した人が、井筒さんの弟子ですが、この人が東京外大にアラビア語学科を作ったのです。

しかし、そもそもコーランやハーディースの日本語訳を読んだことがある人が何人いるのか?。

旧約聖書新約聖書を全部、読んだことがある人が何人いるのか?

という話になるんですよ。

日本語訳があっても、読まない人が語学なんかやっても本なんか読まないから、ビジネスだったら英語、下手したら日本語で通じますよ。

そもそも、トランプと安倍首相、トランプとプーチン大統領の会談に通訳がつくわけでしょう?。習近平とトランプの会談も通訳がつきますよ。

中国やロシアの首脳が、米国大統領相手に英語で会談をやったら、米国になめられますから、絶対に英語で会談なんかやりませんよ。

英国の首相とフランス大統領も、通訳をいれて会談しますよ。お互いにフランス語、英語が理解できても、どちらの言語で会談しても、英仏で戦争になりますから、通訳をいれるんですよ。

アニメの海外の違法サイトなんか、勝手に英訳、中国語訳、ロシア語訳して、日本のアニメを違法視聴しているわけでしょう?。

中身が魅力的なら、日本語を翻訳して使いますよ。また、東京五輪を見越して、自動翻訳機を家電メーカーが改良してますよ。Google翻訳ですら、相当、正確に翻訳できるようになっていますよ。

「語学なんか、基本的なことがわかれば、最低限でいいんですよ。英語はセンター9割とか、早慶の入試問題が読めれば、それ以上はいらないと私は思います。ですから、英単語も1万語以上覚えても無駄。(いつも書いてますが、インテリとして会話したり、文章書くには、5万語以上必要。それは不効率だから私はやらないわけです。)

英単語は5000単語覚えてればいいし、私もそれ以上は無駄なので覚える気ないですよ。

英単語は5000語、熟語は1000語、あとは文法がわかって、英語のヤフーニュースが読めれば、それ以上は、語学の専門家以外は不要ですよ。

林雄介with,you。