読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林雄介のブログ!(はてな)

作家の林雄介。元農林水産省のキャリア官僚。政治評論家。

縁結びと縁切りについて。(*^_^*)

いつもありがとうございます。林雄介です。(*^_^*)

「自由に、他人の縁結びと縁切りができるようになると魔界に行くことになる。」

霊術というのは、やるのは神様なんですが、霊術が面白くなったら、神様は動かなくなります。

それが神様の優しさなのです。

もしも、縁結びや縁切りを、自由自在にできたら、人為、人間の意思で、他人をくっつけたり、別れさせたりできたら、人間の領分を越えちゃいますから、魔界にいっちゃうんですよ。

ですから、やれますけど、やりたくないし、例えが不適切ですが、応急処置のやり方を知っている的なレベルです。

よく、「自分が地獄に落ちてもいいから、何々さんと縁結びをしてくれ」と言われますが、頼んだ人が地獄にいくならいいんだけど、縁結びした私が魔界にいかなきゃいけないから、できないのです。

私が使える霊術というのは、9割以上が、一生使う可能性はないけれど、一応、マスターしただけのものなので、「自由に使えるわけではありません。」

病気治しはできても、寿命がきれていれば死にますから、補助的な働きしかできません。

試験でも、数点差で落ちた人なら、祈っていれば1回で受かるはずですが、「下手したら、その1回で一生分の運気を使いきります」。ですから、2回以上、1点差で落ちた人にしか、祈祷をしないのです。

特効薬は劇薬だったり、副作用が酷いように、人生を劇的に変えるような祈祷をやると、「相手の一生分の運気を使いきる危険性が高いので、徐々に副作用が少ない健康食品のように開運するように祈ることしかできないのです。」

10年以上前は、仕組みがよくわからなかったので、他人のために、いつも祈祷をしていましたが、努力を越えた結果を出すような祈祷は、相手の運気を大量に使うので、やるべきではないという結論に至ったのです。

林雄介with,you。