林雄介のブログ!(はてな)

作家の林雄介。元農林水産省のキャリア官僚。政治評論家。

お金の重み。

人の借金の肩代わりや寄付献金の類が、この8年くらいで1千万円弱でしょうか?

だから、私はお金の重みは痛いほどわかります。だから、私はお金貰わないようにしているんです。お金は、重いんです。利殖や投機の類も聞かれれば教えますが私自身のお金は増やさない。楽して入ったお金は残らないから。お金は、嫌な思いをした絶対量。あとは泡銭だからつまらないことで消えていきます。

私、コンビニでジュースとか買わない。定価で買うのは本くらいです

お金は難しい。
お金は、欲望でもあるから、使いこなせないとお金に使われてしまう。
お金に対する執着心を捨ても入ってこないし、お金に対する執着心がありすぎても入ってこない。
お金を使いこなすには、貧乏でも楽しく生きていく学問があったらなくても、あっても困りません。
結論は、そういうことです。
最近、私も本を売ろうという欲が過剰になっていて、これは反省して、無執着にならないといけない。一生涯、修行です。

『ニッポンの農業』〔林雄介著、ぎょうせい〕、『図解雑学よくわかる政治のしくみ』〔林雄介著、ナツメ社〕のおまけ

広告を非表示にする