林雄介のブログ!(はてな)

作家の林雄介。元農林水産省のキャリア官僚。政治評論家。

中国の史書。(*^_^*)

いつもありがとうございます。林雄介です。(*^_^*)

宋の宰相が優秀なんだけど、賄賂大好きで、皇帝に、宰相が賄賂を集めていると家臣達から進言があった時の皇帝の回答。

「宰相は金が好きなのか?だったら、朝廷からたくさん金を宰相にやれ。たくさん金があったら、金に飽きるから、飽きるほど金をやれ。」(宋の初代皇帝)

上記宰相宅に皇帝が訪れた時に、ちょうど地方から龜で贈り物がきた。皇帝と宰相が開けてみると、中身は金だった。宰相が金とは知らずと言い訳した時の皇帝の言葉、「お前が国を動かしてるとみんなが思っているんだから、遠慮せずにもらえばよい」。

→非常に人間として評判が悪い宰相だったんですが、有能ではあったので、宋の基礎を整えるために、活躍。皇帝も有能、無能の区別が厳しく、有能な人間は金をたくさんあげて配下に、無能な人はやめさせていった。

ただ、日本で売られている抜粋本は賄賂関係の逸話、省かれてます。学者や文化人視線だと汚い話を省くんですよ、馬鹿だから。

国を動かすというのは、汚い話だから、汚い話が大事なんです。田中角栄も自分の会社の収入以外の献金は全部、子分と官僚にばら蒔いて、私物化していないんですよ。

いい金権政治と悪い金権政治があって、私は悪因縁になるから金権政治はやるなと注意する側だから、やらないだけですよ。因縁と関わった人の死後と来世と子孫が気の毒だから、金権政治をやらないだけですよ。

私は、「死んでから、おかしな地獄に落ちても、肉体がなくなった後は、救済できないから、死後の救済を絶対に求めません。万が一、林さんに頼ったら、霊縛して地獄に完全封印されても、一切異存ございません。また、子孫にどのような不幸が訪れ、投票した有権者の地域に甚大な自然災害が起こっても一切、異存ございません。悪因縁が、自身、子孫、来世、選挙区に及ぼす悪影響を理解した上で、グレーゾーンの金権、利権政治をやります」という書類に署名してくれれば、私は止めないですよ。

理解した上で望んで金権政治をやって、悪因縁作って、苦しむなら本人の自由ですよ。死んでから、本人や子孫が頼っても助けるのは不可能だから、不安要素が少しでもあるなら、絶対にやるなと注意してあげているだけですからね。

林雄介with,you。

広告を非表示にする