読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林雄介のブログ!(はてな)

作家の林雄介。元農林水産省のキャリア官僚。政治評論家。

MBAについて。(*^_^*)

いつもありがとうございます。林雄介です。(*^_^*)

MBAについてなんですが、「MBAの生半可な知識は組織に害悪です」。

といつも皆さんに説明しているので、誤解が生まれるといけませんから、正しく説明します。

MBAというのは、経営の基礎的な知識です。法律の世界で例えるなら、行政書士のようなものです。MBAに会社を経営させるのは、行政書士に弁護士をやらせるようなものです。

つまり、圧倒的に経営や社会情勢を判断する知識が足らないのです。しかし、だからといって、基本的な知識がなければ、応用の知識もありません。

つまり、MBAだから偉いのではなく、MBAを基礎とし、さらに学び、実践すればよいのです。

つまり、経営学における小学校がMBAといえるのです。

私が問題にしているのは、MBAという小学生が、大学生と勘違いしていることです。

会計の世界でいうなら、簿記3級にあたるのがMBAです。簿記3級をとった人に公認会計士の仕事なんかさせないでしょう?。

しかし、基礎的な簿記の知識はあるのが、簿記3級です。

また、兵法の基本書を一通り学んでも、そこから、ひとひねり、ふたひねり、ひゃくひねりしなければ、戦略にはならないのです。この基本書に該当するのがMBAです。

ですから、基本的な知識しかないという認識さえあれば、経営学そのものは有益なのです。

そこから、神懸かりした直感や判断力で、組織は運営、運用していくべきなのです。

林雄介with,you。